ブライトニングとホワイトニングの違いを知ろう

ブライトニングという言葉をご存知でしょうか?

 

ブライトニングとは、くすみやシミ・ソバカスなどの、
お肌の透明感に悪影響を与えてしまうものを解消していくことです。
「ブライト」という言葉の意味の通り「明るくする」という効果になります。

 

それではホワイトニングはどうでしょうか?

こちらは馴染みのある言葉かと思いますが肌を白くするという意味です。

 

この二つの言葉はよく似ているように思えますが、何が違うのでしょうか。

 

実は「ブライトニング」という言葉は、薬事法によって医薬部外品以外は、
ホワイトニング」という単語を使って商品の説明をしてはいけない、と
決められているからこそできた単語です。

 

「ホワイトニング」という単語を使うことのできる基準を満たした商品のみが、
「ホワイトニング」と明記し、基準を満たしてはいないけれども、
お肌の美白に効果があるとされるものは「ブライトニング」という単語を、
使うようになったという説が有力です。

 

ただ、同じく美肌を目的としていても、それぞれにアプローチの方法が違います。

 

ホワイトニングはお肌を白くすることで美肌になろうとするのですが、
ブライトニングは古い角質層を排除して、お肌の透明感を増すことで美肌に近づこうとしているのです。

基礎化粧品の選び方のポイントを知ろう

自分の肌質に合う基礎化粧品を見つけることは、とても大事です。

 

友人からの紹介や、ネットでの口コミ、雑誌での紹介などを参考に選んだり、
色々な方がいらっしゃると思います。

 

しかし、中にはどのように選んでいいのか分からないという方もいらっしゃることでしょう。
そういった方々のために、基礎化粧品の選び方をご紹介させていただきたいと思います。

まず、クレンジング剤ですが、こちらは肌質によって合うタイプが大きく違います。

 

敏感肌の方は低刺激のミルクタイプが、
脂性肌の方はジェルタイプがそれぞれお肌に合うかと思います。

 

すぐに化粧を落としたいという場合はローションタイプが、
濃いしっかりメイクを落としたい場合にはオイルタイプが向いてますし、
あまりこだわらない方はクリームタイプでしたらオールマイティにお使いいただけます。

 

次に、化粧品・美容液の選び方ですが、
こちらは大変気を使っていただきたいところです。

 

普通の肌質の方は、そこまで神経質になる必要はありませんが、
敏感肌・乾燥肌の方は、配合されている成分によって肌への負担が大きくなりますので、
保湿力の高く低刺激なものを選ぶ必要があります。

 

低刺激なもので保湿力の低いタイプは、
乾燥を防ぐために、重ねづけをこころがけていただきたいと思います。

 

こういったことは、基礎化粧品の選び方として基本ですので、
ぜひ参考になさってください。

化粧のりを良くするポイントを知ろう

女性にとってお肌の悩みは多くありますが、
中でも化粧のりというものが悩みになっている方も多いと思います。

 

メイクは毎日のことですので、それがうまくいかないとなると、
どうしても気が滅入ってしまいますし、化粧のりが良くないと、
老け顔に見えてしまったり疲れて見えてしまったり、
いいことは何一つありません。

メイクが長時間持たない、ムラになりやすい、乾燥で粉っぽくなる、
そういった悩みの解消に効果的なのが、まずは顔の「産毛剃り」です。

 

顔の産毛をきちんと処理するだけで、化粧のりは格段に良くなります。
基本とも言えますが、手間のかかることでもありますので、
見落とされがちな点ではないでしょうか。

 

この、手間のかかる産毛剃りを簡単に処理してしまいたい方は、
顔の産毛を脱毛してしまうのもいいかもしれません。

 

あまり知られていませんが、顔の産毛の脱毛には嬉しい副作用もあります。
脱毛すると結果的に毛穴が引き締まるため、毛穴が目立たなくなり、
キメが整ったお肌になるのです。

 

更に、毎日のお手入れでお肌の古い角質を取り除いていくことで、
化粧のりはもっとよくなります。

 

これには、ピーリングジェルが大変効果的です。
古い角質を落とし、毎日のお肌の状態を若々しく保つことによって、
お肌の透明感が増し、化粧のりにも大きく変化がでます。

 

化粧のりが悪く悩んでいる方は、ぜひ一度お試しになってくださいね。